乳幼児の健康は水から!ウォーターサーバーで赤ちゃんに安全な水を提供する

気になる環境汚染と水の問題

2011年3月11日に東北地方で起こった大震災により、日本各地で水や食べ物の安全性を再確認する動きが巻き起こりました。なかでも「水」は山や土壌の状態を大きく反映する飲み物ですから、できるだけ安全な採水地で採れたものを購入する必要があります。私達人間は毎日水分をとらなければ生き続けられませんので、水と人間の生命は密接な関係にあるのです。ウォーターサーバーを購入するかレンタルした場合、安全な水を一緒に届けてもらう事ができますので大変お得です。

赤ちゃんのために水を選ぶ

ウォーターサーバーを購入する場合、多様な種類の水の中から宅配してもらう水を選ぶ事になりますが、その際水の栄養素に注目してみましょう。例えばご自宅に赤ちゃんがおられるご家庭では、栄養たっぷりな水を購入しがちですが、それには注意が必要です。赤ちゃんは日常的にミルクを常飲していますが、こうした飲料には元からミネラルが豊富に含まれていますので、あまりにもミネラルの豊富な水を購入した場合栄養過多になってしまう可能性があります。お子様向けの水を選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーの機能とは

ご自宅に設置するウォーターサーバーを選ぶ場合、その機能は良く選ぶようにしましょう。例えば小さなお子様がおられるご家庭では、チャイルドロックが備え付けられているウォーターサーバーを購入すると良いでしょう。特にお湯が出るウォーターサーバーを設置する際に安全です。また、ウォーターサーバーの温度調節はものによって設定できる温度が異なりますので注意が必要です。細やかに温度を替えたい場合、「HOT」と「COOL」だけでなくメモリのついているものを購入すると良いでしょう。

ウォーターサーバーとは、好きな時に、冷たい水や温かい水が使用できる機器です。セットした専用ボトルから自動的に貯水タンクに水が補給されるシステムになっています。