仕事の効率化を高める意外な発想力!その内容とは?

昼寝の時間を設けるその意外性

仕事を行っている方に必ずと言って体験している事に、辛い時間帯が現れますよね。最も辛く感じるのは、午後2時頃であり、この時間帯は、お昼に食事をした物を胃が消化している可能性あり、消化には多くの血を必要とする物です。脳に回す血が減るため、頭がボーとしてしまう事もありますよ。昼寝をする事によって、消化を早めれる可能性があり、又、午前に溜まった疲れを回復させてくれる効果も期待できます。企業にとって、昼寝の時間を設けるのは無駄な時間を利用する事になりますが、12時から1時間の休憩を取る場合は、昼寝を行う方のみ12時45分から13時15分までの昼寝休憩が取れる仕組みを設ければ、お互い納得の出来る仕組みを作り出す事が可能になりますよ。

おやつを食べて良い職場とする意外性

仕事と言うのは、大きなエネルギーを消費する物ですよね。朝食を摂らずに出勤する人へ、無理に朝食を強要する事は出来ません。仕事で使うエネルギーを得るためにも、おやつの糖分は効果を発揮してくれますよ。ただし、手が汚れボロボロに落ちる可能性があるスナック菓子は、大切な書類を汚してしまう可能性があるためよくありません。ガムは、糖分が含まれ、噛む事で脳に良い影響を与えてくれますが、第三者が見ると良い印象を与える物ではありませんよね、一番最適な物は飴玉であり、飴玉は長時間に渡って脳に必要なエネルギーを供給してくれます。

様々な教室に補助金を出す意外性

仕事が終われば、プライベートの時間であり、中にはカルチャースクールなどに通われる方もいますよね。企業がこの内容に補助金を出し、学んだ内容を資料にまとめさせ、他の社員に教える事も出来ますよね。実際に講師を招いて、社員に教養を身につけさすには、高い費用がかかる事もありますが、自社の社員であれば費用を抑える事ができますよ。企画などの創造力を必要とする企業は、創造力を高める陶芸や手芸などもお勧めであり、セミナーの参加などもポイントの一つです。これらは、あくまでもプライベートの時間に行う物であり、強制させるのでは無く補助金によって学べる事を強く推し進める事が大切と言えるでしょう。

仕事の効率化を図りたいなら、まずワークフローを作りましょう。そうすることで、ミスが減り、業務が円滑に進みます。