慌てて業者を呼ぶ前に!トイレのつまり解消方法

時間が解決!?しばらく様子をみてみる

トイレのつまりの原因で一番多いのは紙の詰まりです。特に子供さんとかは、遊び半分でトイレットペーパーを大量に便器の中に入れて遊んだりしてしまう事もありますよね。紙が原因の場合、しばらく何もせずに様子を見ていると、紙が水に溶けて詰まりが解消されることもあります。慌てずに様子を見てみるというのも一つの手です。ここで注意したいのは、水が流れるかの確認方法。いきなりタンクのハンドルを回すと、便器の水位がどんどん上がって慌ててしまうので、確認は必ずバケツなどに入れた水で確かめるようにしてくださいね。

詰まりの救世主。トイレ用吸引カップを使おう

紙や便などが原因の場合、トイレ用吸引カップで大抵詰まりは解消されます。一般的な種類は、ゴムの部分が二段構造になっていて便器の穴にゴムの部分が入り込みやすく、水を飛び散りにくくする構造になっています。バケツなどで便器の中の水位をあげた状態にし、ゆっくり押しつけ、勢いよく力強く引き上げるのがコツですよ。水流が無いと詰まりを動かすことができないので、便器の中の水位を十分に上げておくことは重要ポイントといえるでしょう。

強力に吸引!ポンプ式吸引カップを使用する方法

一般的な吸引カップよりも強力に吸引できるのが、ポンプ式吸引カップで便器にぴったりフィットすれば便器に水が無い状態でも吸引することができます。基本的には便器の中に水がある状態で使用し、カップを便器の穴に押しつけ、勢いよく引き上げます。ハンドルを押すときは必ず水から出した状態で押してくださいね。水の中で押すと水がはねてしまうので要注意です。吸引力が強いので詰まったものが逆流して出て来ることもありますよ。頑固な詰まりには効果大ですね。

自分でトイレ詰まりを解消するには、ラバーカップで圧力をかけるのがお勧めです。ホームセンターなどで購入し、家に1個は備え付けておくのがよいでしょう。