翻訳された字幕はそのままの意味ではなかった!

翻訳された映画の英語は吹き替えと字幕で違いアリ

翻訳されてる英語はそのままの直訳でないことが多いんです。映画や海外ドラマでの翻訳された英語は、字数制限や文字を表示する時間が決まっているので意訳になっていることがほとんどなんですよ。たまに「あの人の翻訳は全然意味が違う!」と映画を観ていると突っ込みをいれるひとがいますよね。しかし、全く違うと言われるにはワケがあったんです。字数制限のためにわざと意訳していることがとても多いんです。けっして翻訳者が間違えてるワケではないんですよ。

翻訳された映画の英語を正しく使うには?

翻訳された映画の英語を普段の生活の中でうまく使うにはどうしたらよいのでしょうか。それはやはり字幕で英語を楽しむことから始めてみましょう。英語に慣れることを習慣づけて意訳された映画の英語も自分の中で意訳できるようになりますよ。吹き替え版も同時に観るとよりいっそう本物の英語に近づけます。英語の翻訳はむずかしいものですが、普段から英語に慣れ親しんでいれば徐々に雰囲気と間合いでつかめてくるものなんですよ。

翻訳されたままの英語で映画を楽しもう

翻訳された英語は意訳されているという話がありますよね。意訳といえども翻訳された言語には違いありませんから、映画を純粋に映画だけを楽しみたい方はそういったサブカルチャー論抜きに観ると翻訳された字幕で映画をよりいっそう楽しむことができるでしょう。意訳も翻訳ととれますから、映画に没頭したいという方は字幕にも没頭すると楽しめます。字幕だけの世界が繰り広げられる映画もおもしろいものなんですよ。素直に映画だけを楽しんでみましょう。

インスタント翻訳・自動翻訳などとも呼ばれる機械翻訳の主なシステムは、ルールベース・統計ベースの2つがあります。